あらまし

一般社団法人日本医療機器産業連合会(以下「医機連」)は、保健・医療用の用具、機器、器材、用品等の開発、生産、流通に携わる事業者団体の参加のもと、1984(昭和59)年2月に設立され、各団体に係わる内外の共通問題についての調査・研究を行い、その対策を講じ、業界の公正な意見をとりまとめ、その実現を図り業界の発展と国民の健康福祉の増進に寄与して参りました。
そして、それまでの連絡調整役としての協議会から、主体性をもった医療機器産業界の牽引役への転換を図るべく、2005(平成17)年4月1日に、日本医療機器関係団体協議会(日医機協)から、「医機連」に名称変更を行いました。
医療機器・医療技術のイノベーションと安定供給を通じて、日本をはじめとして世界に優れた医療機器テクノロジーを提供し、もって国民福祉の向上と医療機器産業の発展に寄与することを目的としております。
医療機器産業に対する期待が高まる中、医療機器関連21団体の連合体である医機連の社会的信用力の向上、及び国内外における活動の活性化を、更に経理上の透明性を図るために、 2014(平成26)年1月6日付で「一般社団法人日本医療機器産業連合会」へと法人化いたしました。

主な事業活動

  1. 政府、関係府省、地方自治体、医療機関、学界、国際機関及び関係団体等との連携及び協力
  2. 医療及び医療機器等における諸課題に関する調査、研究及び政策提言
  3. 医療及び医療機器等に関する国際交流及び国際展開の推進
  4. 医療機器等に関する法令、基準、国際規格、規範等の策定への参画と周知徹底
  5. 会議、委員会、研究会、連絡会等を通じた会員間の連携強化
  6. 医療機器産業及び医療機器テクノロジーに関する情報発信及び広報活動
  7. 地域・異業種との交流および連携
  8. 講習会、講演会等の実施
  9. 機関誌の発行並びに資料等の出版

構成

医機連は現在21団体(企業約4,280社)[設立当初15団体(企業約3,000社)]及び当連合会の目的に賛同された賛助会員(約140社の企業)及び特別会員で構成されています。