NEWSSEMINAR

【Web配信】感染症予防セミナー

 昨年(2020年)から、世界規模でパンデミックとなっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、次々に変異した株により猛威を振るっています。政府は、これまで、感染拡大防止策として緊急事態宣言又はまん延防止等重点措置の発出を繰り返してきましたが、その都度、感染者は一時的に減少しても、また増加に転じる状況が続いています。
 一方、新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種は、全国民への接種完了までには、時間を要する状況にあります。
 われわれ医療機器メーカーは、このような状況下の中でも、医療を止めないために、医療機器の安定供給及び保守を昼夜行っています。
 本セミナーでは、新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている医療機関の方をお招きして、医療機関での対応や、医療機器の取扱いの現状について、厚生労働省からは感染予防及び感染拡大防止を担当する厚生労働省健康局結核感染症課の担当官から行政の取組みについてのご講演をいただきます。
 また昨年、医機連 販売・保守委員会傘下に、新たに『感染防止ガイドライン作成WG』を設置して、我々医療機器メーカーの従業員が医療施設への医療機器搬入を行う場合、修理業者の従業員が医療施設を訪問し医療施設内で修理を行う場合、医療施設から修理等のために医療機器を引取り・持ち帰り修理 する場合、または他の修理業者等に搬送する場合を想定し、医機連で初となる『新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン』を作成しました。
 このガイドラインの作成経緯や内容について、作成中の問題点などを踏まえ、WGメンバーから詳しく説明していただきます。
 この機会を医療機器販売業・貸与業、修理業の実務や企業内で感染対策を担当される方、薬事担当者・教育担当者・製造販売業及び製造業の方々には、感染症予防の観点から業務を行う上で何をすべきかについて、学ぶ場としていただければ幸いです。社内の関係部署の方々にも広く声をかけていただき、一人でも多くのご参加を賜りますようお願い申し上げます。

2021年9月
(一社)日本医療機器産業連合会
販売・保守委員会

※「医療機器の販売・貸与業及び修理業における新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン」は、医機連HPからご覧いただけます。
トップページ> 活動報告> 委員会からの情報公開> 

概要Summary

日時
2021年 9月17日(金) 10:00配信開始
2021年11月26日(金) 12:00配信終了
会場
事前収録済の音声付動画像をオンデマンド配信
主催
(一社)日本医療機器産業連合会
料金
5,000円 (医機連賛助会員は3,000円)
消費税込
募集期間
2021年9月6日(月) 午前10時~2021年11月8日(月)午後4時(インターネット受付)

プログラムProgram

  • 【1】(60分)

    コロナ禍における感染管理及び医療施設での対応と企業に望むこと

    浜松医療センター
    矢野 邦夫

  • 【2】(20分)

    新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について

    厚生労働省 健康局結核感染症課
    PCR検査対策専門官

  • 【3】(20分)

    ガイドライン発行経緯 『新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン』 第1章より基本的な考え方

    販売・保守委員会
    感染防止ガイドライン作成WG

  • 【4】(20分)

    『新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン』 第2章より業務における感染予防とその現状  

    販売・保守委員会
    感染防止ガイドライン作成WG

  • 【5】(15分)

    『新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン』 第3章より個人防護具及び消毒について

    販売・保守委員会
    感染防止ガイドライン作成WG

  • 【6】(15分)

    『新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン』 第4章より感染者発生等の際の事業者の対応

    販売・保守委員会
    感染防止ガイドライン作成WG

会場案内Access
会場案内Access



TEL:

申し込み方法Entry

お問い合わせContact

事務局代行 (株)コンパス  担当:能登・板垣

Email ikiren-seminar@compass-tokyo.jp