医機連では、医療に貢献する産業として社会の信頼に応えるべく、会員企業の適正な事業活動を推進する為、倫理綱領、企業行動憲章と実行の手引き、医療機器業プロモーションコード等を、以下の通り制定しています。また、周知・教育資料を用意しておりますのでご活用をお願い致します。

4つの自主ルール

1. 倫理綱領
2.
2-1.
企業行動憲章
企業行動憲章実行の手引き
3.
3-1.
3-2.
医療機器業プロモーションコード
医療機器業プロモーションコード用語の解説
医療機器業プロモーションコードの解説
4.
4-1.
4-2.
医療機器業公正競争規約
医療機器業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約
医療機器業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約施行規則

 

透明性ガイドライン

1.  透明性ガイドライン策定について
2. 透明性ガイドライン本文
 2019年4月改定    2017年3月改定
3. 透明性ガイドラインパンフレット
  2019年4月改定( A3 二つ折り版 、A4 4頁版 )   2017年3月改定
4. 透明性ガイドライン【解説】
  2019年4月改定    2018年3月作成
5.  透明性ガイドラインに関するよくあるご質問
6.  透明性ガイドラインに基づく情報公開

 

日本における倫理的連携のためのコンセンサス・フレームワーク

1. 日本における倫理的連携のためのコンセンサス・フレームワーク

 

クアラルンプール原則(APEC 医療機器セクター倫理規定)

1. クアラルンプール原則(原文)
2. クアラルンプール原則(参考和訳)
3. APEC倫理サンプルコード(クアラルンプール原則に準拠)と仮対訳

 

広告・展示関係

1. 医療機器適正広告ガイド集
2.

医薬品等適正広告基準、関連通知
医薬品等適正広告基準の改正について
       (平成29年9月29日薬生発0929第4号厚生労働省医薬・生活衛生局長通知 )
医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等について
     (平成29年9月29日薬生監麻発0929第5号厚生労働省医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課長通知)
薬事法における医薬品等の広告の該当性について
医療機器の広告について

3.

未承認医療機器の展示会等への出展について                           平成29年6月9日薬生発0609第1号 厚生労働省医薬・生活衛生局長通知

4. 【参考】都道府県薬務主管部(局)相談窓口一覧(平成27年10月更新)

 

周知・教育用資料

1.
1-1.

医療機器業プロモーションコード社内研修用資料    (2019年4月)
医療機器業プロモーションコード 社内研修用教育資料のノート(解説)    (2019年4月)
2. よくわかる!あなたもわかる!医療機器業プロモーションコード
3. 企業倫理とプロモーションコード強化月間ポスター
平成22年版(10月)    平成23年版(10月) 平成24年版(10月) 
平成25年版(10月)  平成26年版(10月) 平成27年版(10月) 
平成28年版(10月)      平成29年版(10月)   2018年版(10月)
4. プロモーションコードのしおり
5. 学会寄付の取扱いに関するガイドラインについて
6. 学会寄付のしおり

 

企業倫理委員会規則・違反是正・苦情処理の手順と規定

1. 企業倫理委員会規則
2. プロモーションコードに関する問い合わせ・苦情申立て処理規程
3. プロモーションコードに関する問い合わせ・苦情申立て及び違反是正措置に関する処理フロー
4. プロモーションコード違反是正規程
5. 書式一式   
   団体用(問合せ)団体用(苦情申立て)企業用(問合せ)企業用(苦情申立て)

既承認医療機器を用いた臨床研究に関する行動指針

1. 既承認医療機器を用いた臨床研究に関する行動指針
2. 既承認医療機器を用いた臨床研究に関する行動指針」に対するQ&A

 

医機連競争法コンプライアンス規程

平成26年(2014年)10月、医機連は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)を含む各国、地域の競争法を十分尊重し、これを遵守することを目的として、『医機連競争法コンプライアンス規程』を策定し、平成27年(2015年)1月から施行致します。

  
                        医機連競争法コンプライアンス規程